入会案内はこちら

講師紹介

五味佳代子(ごみかよこ)

転勤族の夫と3人の子どもの5人家族

東京都在住

出身は山口県、のびのびとした環境で18歳まで過ごしました。
大学時代は神戸に、20代前半にロンドンに3年間滞在し、
帰国後は東京や広島で働きました。

転勤族の妻

広島に住んでいた頃に長男を出産、1年ほどで東京都世田谷区へお引越し。その後、長女が産まれて数年後には福岡市へお引っ越し。福岡で次女を出産し、その1年半後には東京都北区へ(現在)

 

子ども3人、出生地バラバラ、母子手帳もバラバラ、自治体によってサイズまで違います!絵にかいたような転勤族ファミリー(笑)

今では笑ってこんな風に自己紹介できますが、当初は、好きだった仕事を辞めたこと、慣れた頃に引っ越すストレス、人間関係の変化、見知らぬ土地での育児の難しさや孤独感などで自分のなかにあった基盤を失い、自信をなくした時期もありました。

「なんで私がこんな思いしなきゃいけないの…」

「私だって自分のやりたいことがあるのに…」

 

そんな中、英語に関わっている時間(オンライン英会話をしたり、映画をみたり、雑誌を読んだり)は楽しく、英語力を磨いてまた仕事に活かしたい!という思いが私自身の希望になっていました。

今ではオンラインで全国(世界!)どこにいても、同じ関心や目標を持った人と繋がることができますが、その当時は、英語に関心のあるママ友にたまたま出会えただけで大喜びしていました。

「もっと一緒に学ぶ仲間が欲しい…子連れでも学べる場が欲しい…」

長い間、そう思っていました。

どこにいても繋がれるインターネットの存在=自分と同じ興味関心を持つ仲間を場所を気にせず作れる!

転勤族家族である私にとっては本当にありがたいく、救われています。

 

子育て

今でこそ、子育てって楽しいと思える時が多くなりましたが(もちろん今でもイライラすることもたくさんありますが笑)、長男長女の乳幼児時期は「子育てがつらい…楽しそうなママはたくさんいるのに私は楽しめてない…」と悩んだこともありました。長女が入園した時「これでやっと少し自由になれる」とホッとしたことを今でもよく覚えています。周りの目が気になって「いい親にならなければ」と自分で自分を縛り付けていた部分もありましたが、子育てがつらかった一番の原因は「自分のやりたいこと」を我慢して後回しにしていたからだと今ではよくわかります。

現在、3人子育て中、「大変でしょ?」と言われることがありますが、正直、今が一番楽しく子育てしています。1人目の子が生まれて10年以上、かなり時間はかかりましたが(笑)、自分の「やりたいこと」、子育て、家事、それぞれ手を抜いたり、頑張ったり、気を張らずに、でも時には全力で、自分のペースを大切にすることを心掛けています。なかなか上手くはいきませんが(笑)

私と同じような経験をしている転勤族のママ達、育児や家事、仕事などで大変なこともあるけど、自分の時間を大切にしたいママ達、もしあなたの「やりたいこと」が英語を通して叶えられることなら、私と一緒に始めてみませんか?是非、お手伝いさせてください☆

私の英語歴

私が生まれ育った街には米軍基地がありましたが、幼い頃は全く英語に興味を持たず、むしろ、街で見かける米軍の人たちの体格の良さと英語の迫力に圧倒され、「外国ってなんか怖い…」と思いながら過ごしていました。

中学・高校時代はバスケ部に所属し、制服かジャージかで過ごす日々。中学の頃の英語の成績は良い方でしたが、数学が好きで将来は数学の先生になりたいと思っていました。が、中学時代の詰め込み&スパルタ部活の反動で、高校時代は羽を伸ばして、いや、単に勉強から逃げて(笑)、のんびりと過ごしました。「あの頃、もっとこうしていれば…」なんて思ったこともありますが、そういう時期もあって良かったとも思います!ただ、ぼんやりと、「英語を話せる人ってなんかカッコいい」という憧れはあったような気がしますが…

大学では、人間関係学科教育学専攻、哲学ゼミに所属

大学2年生で親友との初めての海外旅行・はじめての飛行機での「オレンジジュース無いわよ!事件※」で、私の英語人生は始まりました。

※某アメリカ系航空会社を利用し、CAさんにオレンジジュースを頼んだのに、その返答を全く聞き取れずオロオロしていた怪しい私…隣の席の日本人女性に助けてもらった、なんともお恥ずかしい&悲しい話です(笑)

「さりげなく助けてくれて、なんて素敵な方なんだ!」

「私も英語を使えるようになって、人の手助けが出来るような仕事がしたい!!」

当時は英会語力ほぼゼロでしたが、こんな目標を持って英語習得に励みながら、残りの大学生活を過ごしました。

大学卒業後、某英会話スクールこども英語講師として働き、その後、英国ロンドンに3年間滞在。語学学校・専門学校に通った後、現地のホテルのフロントに勤務。

ホテル業界の経験もない、英語も中途半端な私をよく雇ってくれたなと、今となっては感謝しかないですが、当時、特に始めの数ヶ月は毎日「もう辞めたい、英語もわからないし、ツライ…」と思っていました。「英語が理解出来ない=仕事が出来ない」と見えるようで、他部署の同僚に「誰かフロントの人いますか?」と私の目の前で言われ、「私!」と答えると、「あ、いや、その…経験豊富なフロント…」とヘンな気を遣わせたり(泣) またある時は、事務所でマネージャーが明らかに私の文句(悪口)を言ってるのにふんわりとしか理解出来ず、気づかないふりをしてみたり(涙)

この当時、本気で「英語をはっきり聞き取れる耳をください!」「通じる英語の口をください!」と毎晩願っていました(笑) ストレスでちょっと痩せたし…!

帰国後、国内ホテルでコンシェルジュとして勤務。結婚後、退職。

3人目の子を出産する前までは、外国人観光客向けの地元情報誌の翻訳や宿泊施設の予約業務などのアルバイトをしていました。

現在は、英語講師として活動しています。

私の英語学習や職場での経験談、我が子3人のおうち英語の経験など、お役に立てることがあれば嬉しいです。

転勤族ママ同士のオンラインおしゃべり会なども開催したいなと思っています!

お気軽にお問合せ・ご相談くださいね。

英語関連の資格

  • *Nano-English*認定講師
  • JーSHINE 小学校英語指導者資格保有
  • TOEICスコア 940点
  • ジョリーフォニックス総合トレーニング受講済

 

 

タイトルとURLをコピーしました